TOP > スポンサー広告 > [米国]iPhone 4のSIMロックフリー版が発売TOP > その他 > [米国]iPhone 4のSIMロックフリー版が発売

スポンサーサイト

この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[米国]iPhone 4のSIMロックフリー版が発売

この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote

名称未設定

SoftBankなどの固定キャリア以外のキャリア(Au、Docomoなど)で利用できるSIMFREE版。
iPhoneでもそのSIMフリー版が発売されたようです。

詳細は以下より。

iPhone-Unlock.png

アップルが米国オンラインストアでSIMロックフリーのGSM版 iPhone 4 を発売しました。これにより、米国では特製のVerizonモデルを除いて AT&Tでしか利用できなかった iPhone 4 を、その他のキャリアでも利用できるようになります。(もっとも、米国でほかにGSMをサポートするのはAT&Tが買収を計画するT-Mobileだけ。そのT-Mobileも周波数帯が異なります。つまり現状、アンロック版の価値は海外キャリアでも使えること)

SIMロックフリー iPhone 4 自体は以前より一部の国で正規に販売されており、日本でも輸入品を購入できますが、米国でもアップルが直販するというのはまた違った意味のあるところ。原則SIMロックフリーとなった iPad や、Verizon版 iPhone などに続き、またしてもアップルのAT&T離れと言えそうです。これで次期 iPhone は初めからSIMロックフリーなどということになれば、かつてGoogleがNexus Oneで目指したキャリアに縛られない高みへ到達することに。ユーザにとっても、キャリアにとっても、大きな変化のはじまりとなるかもしれません。

なお日本ではドコモ版 iPhone という幻想が語られるようになって早何年かという感じですが、各社SIMロック解除に向けて動き出した矢先の話なので、またしてもいろいろな憶測を呼びそうです。アンロック iPhone 4 GSM版のお値段は16GBモデルが649ドル、32GBモデルが749ドルと、輸入品に比べればぐっとお手頃。日本円だと1ドル80円立てで5万2000円と6万円。もちろんカラーは黒と白から選べます。

ソース元:Engadget Japanese
この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote
[ 2011/06/14 19:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム

Gimp講座
●Gimp講座
導入編
ちょっと大きいタグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。