TOP > スポンサー広告 > News:「Wikipedia」が1月18日にサービス停止へTOP > ニュース > News:「Wikipedia」が1月18日にサービス停止へ

スポンサーサイト

この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

News:「Wikipedia」が1月18日にサービス停止へ

この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote

Wikipedia-logo.png

フリーのオンライン百科事典「Wikipedia」は、1月18日に全サービスを停止すると
発表しました。

これは米国の著作権侵害に関する法案に反発するものだそう。

詳細は以下より。

Wikipediaが1月18日にサービスを停止、SOPAへの抗議行動

非営利団体の米Wikimedia Foundationが運営するオンライン百科事典の
「Wikipedia」は、オンライン海賊行為防止法案への抗議行動として、
現地時間2012年1月18日にサービスを停止する。

Wikipedia共同創設者であるJimmy Wales氏が1月16日、
ミニブログサービス「Twitter」へのツイートで明らかにした。

米国では現在、オンラインにおける著作権侵害行為を防止する法案として
上院で「Protect Intellectual Property Act(PIPA)」、
下院で「Stop Online Piracy Act(SOPA)」
が審議されており、映画業界などはこれら法案を歓迎している。

しかし、米Googleや米Facebook、米Twitter、米Yahoo!をはじめとする
ネット関連企業や、米電子フロンティア財団(EFF)などは、国外サイトによる
オンライン海賊行為を防止するという主要目的は理解しながらも、国内
インターネットおよび技術企業に制約を与える内容だとして異議を唱えている。

米ホワイトハウスも同様の懸念を示す声明を1月14日に発表した

反対派が特に問題視しているのは、DNS(ドメイン名システム)に
手を加えてコンテンツを振り分ける手法をSOPAで提案していることで、
ホワイトハウスは「サイバーセキュリティを真のリスクにさらし、一方で
不正商品やサービスをアクセス可能な状態に放置する危険性がある」と指摘している。

SOPAは棚上げの噂が出ているが、Wales氏はTwitterに
「SOPAが完全に取り下げられたとは確認されていない。PIPAは依然として
審議が進められている。われわれは大きなメッセージをワシントンに送る必要がある」
とツイートした。

さらに
「学生諸君に警告!宿題を早くやってしまうように。Wikipediaは水曜日、
悪法に抗議する」とコメントを投稿した。

またソーシャルニュースサイトの「reddit」も同様に1月18日午前8時から
午後8時までサービスを停止する計画を公式ブログで宣言している。
ソース元:ITPro

ちなみに、日本についての記載はありません。
この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote
[ 2012/01/17 17:30 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム

Gimp講座
●Gimp講座
導入編
ちょっと大きいタグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。