TOP > スポンサー広告 > News:ソフトバンク、光ファイバの接続関連でNTTを訴えるTOP > ニュース > News:ソフトバンク、光ファイバの接続関連でNTTを訴える

スポンサーサイト

この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

News:ソフトバンク、光ファイバの接続関連でNTTを訴える

この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote

softbank.gif

ソフトバンクBBと、ソフトバンクテレコムは11月18日、
東日本電信電話と西日本電信電話に対し訴えを起こしたと発表しました。

ソフトバンクは光サービスに参入するための訴えだと説明しています。

詳細は以下より。
ソフトバンクがNTT東西を裁判で訴えることに決定、東京地方裁判所に訴訟提起

1回線しか使っていなくても8回線分の接続料がかかるのはおかしい、ということでソフトバンクがNTT東西を訴えました。

これは、ソフトバンクBBとソフトバンクテレコムが訴訟したもので、NTT東西に対して電気通信事業法に基づき、FTTHサービスを提供するためにNTT東西の保有する一般家庭までの光ファイバーアクセス回線の「1分岐単位の回線接続」「光加入者終端盤(略称:OSU)共用に基づく接続」を求めているもの。「NTT東西は技術的に可能であるにもかかわらず、これを拒否している」ということで、東京地方裁判所に訴訟を提起することになったわけです。

ソフトバンクによると「8分岐単位での接続は、接続事業者にとって、たとえ1回線の利用であっても、8回線分の接続料を負担させる、極めて非合理な接続方法」となっているとのことで、下図を見れば分かるように、1回線だけしか利用していないケースでも実際には8回線分、つまり8倍の負担がNTT以外の事業者は場合によっては必要になってくるわけです。

これを8回線ずつではなく1回線ずつ使えるようにして欲しい、というのがソフトバンク側の要望です。こうすることで1回線ずつ使えるはずだ、というわけ。

なお、ソフトバンク側は「サービスの多様化・高品質化をもたらし、あわせてNTT東西の設備の有効利用を促すことでサービス料金の低廉化につながり、利用者・一般消費者の利益を増大させるものと確信」しているとのことです。
ソフトバンクのメリット
ポイントはたった一つ、「サービス料金の低廉化」という部分のみです。この訴訟の結果がいつ頃出るのかは分かりませんが、とにかく「ネット接続のコストを安くしたい」とソフトバンクが考えていることだけは確かで、それもかなり必死である、訴訟をするぐらい必死なのだ、ということです。
ソース元:Gigazine

やはり私たち顧客側から言うと、選択の自由は欲しいものですね。
この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote
[ 2011/11/20 13:40 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム

Gimp講座
●Gimp講座
導入編
ちょっと大きいタグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。