TOP > 3DS > N3DS:ニンテンドー3DSが課金サービスに対応・「ニンテンドーeショップ」のWebサービス化も視野に

N3DS:ニンテンドー3DSが課金サービスに対応・「ニンテンドーeショップ」のWebサービス化も視野に

この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote

nintendo-3ds.png

任天堂によると、ニンテンドー3DSが課金制度に対応。
さらに「ニンテンドーeショップ」のWebサービス化も視野に入れているそうです。

詳細は以下より。

ニンテンドー3DSが追加コンテンツに対応 ― 『ニンテンドーeショップ』のWeb化計画も明らかに

任天堂は、第2四半期(中間)決算説明会の講演内容を公開しました。

11月末に行われるニンテンドー3DS本体更新で行われる機能改善点について、いくつか詳細を明らかにしました。

まず、新たな要素として追加コンテンツに対応します。ニンテンドー3DSにおける追加コンテンツは主に「いつの間に通信」を通じた無料で追加されるものに限定されていました。次回の本体更新から追加コンテンツに対応。今後対応ソフトが出てくる予定です。

2つ目は起動回数制限がある試遊版の提供。Wiiウェアでは期間限定で体験版を配信することがありましたが、ニンテンドー3DSでは起動回数制になるそうです。さらに『ニンテンドーeショップ』の「おすすめ投票」と組み合わせることで、より多くのゲームファンに新しいゲーム体験を提供する取り組みを進めます。

また、既存のシステム部分も改善点が行われ、複数のソフトをまとめてダウンロードすることが可能になります。ニンテンドー3DSダウンロードソフトなど、大容量ソフトをダウンロードする場合の待ち時間改善として、スリープ中にもダウンロードが行われるように。

さらに、次回以降の改善点として『ニンテンドーeショップ』をWeb化してパソコンやスマートフォンからもアクセス出来るようにします。ニンテンドー3DS以外から見れるようになることで、今まで以上に情報が広がりやすくする狙い。

例えば、パソコンやスマートフォンから映し出されるQRコードを3DSのカメラで撮影すると、そのタイトルの『ニンテンドーeショップ』にジャンプする機能を実装します。

この機能の準備は既に今回の本体更新に盛り込んでいて「将来的にはPCやスマートフォンからもソフトを購入できるようにしていきたい」と岩田社長は説明。来期に発売予定のWii Uについて、まずE3 2012で最終形を披露。「初動で躓くことのないように、万全の準備を進めていく」とコメントしました。
ソース元:INSIDE
この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote
[ 2011/10/29 13:27 ] 任天堂 3DS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム

Gimp講座
●Gimp講座
導入編
ちょっと大きいタグクラウド