TOP > その他 > Adobe:iOSでFlashが再生可能になる「Flash Media Server 4.5」を発表

Adobe:iOSでFlashが再生可能になる「Flash Media Server 4.5」を発表

この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote

adobe-logo.jpg

米アドビシステムズは、iOSなどの機器で、Flashを使ったストリーミングが
できる、サーバー「Adobe Flash Media Server 4.5」を発表しました。

詳細は以下より。


adobe-media-server.png

米アドビ システムズは9日、オランダ・アムステルダムで開催されている国際放送機器展「IBC 2011」にて、「Adobe Flash Media Server 4.5」と「Adobe Flash Access 3.0」を発表した。Adobe Flash Media Server 4.5では、新たにiOSをサポートする。


「Adobe Flash Media Server 4.5」Webページ
「Adobe Flash Media Server」は、Flash対応デバイスへコンテンツを配信するストリーミングビデオソリューション。今回発表された最新版では、新たにiOSのサポートを追加し、iPhoneやiPadといったApple社製デバイスへの動画配信が可能となった。また、メディアをオンデマンドでパッケージ化する機能を新搭載し、1度のエンコードで複数プラットフォームへの配信を実現。このほか、HTTPコンテンツの保護機能も追加されている。

また、同時発表されたコンテンツ保護ソリューションの最新版「Adobe Flash Access 3.0」では、Androidタブレットやスマートフォンを始めとする各種モバイルデバイスへサポートを拡大した。PC、ネットワーク対応TV、BluRayプレイヤー、タブレット、スマートフォンなど、幅広い種類のデバイスに対するコンテンツの配信・収益化・セキュアを単一のワークフローで実現する。これに合わせ同社では、「Flash Player」と「Adobe AIR」についても、近日中に新バージョンの提供を開始する予定。
ソース元:マイコミジャーナル

Adobe® Flash® Media Server 4.5では、Apple iOSを搭載したデバイスを含め、複数のプラットフォームにメディアを配信できるようになりました。パワフルなプロトコルを選択することで、帯域幅のコストを大幅に削減し、ネットワーク負荷を軽減できます。メディアをオンデマンドでパッケージ化することで、1回のエンコードで複数のプラットフォームへの配信が可能になります。高品質なコンテンツを安全に配信し、リアルタイムに暗号化できるため、卓越したメディア体験を提供できます。
ソース元:Adobe

要するに、
iPhoneやiPadなどにインストールする形ではなく、サーバー側(管理者・運営者)が
このソフトを導入する形ということですねー。

まあ、メディア関係者の選択幅が広がったということです。
この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
web拍手 by FC2 Clip to Evernote
[ 2011/09/11 14:32 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム

Gimp講座
●Gimp講座
導入編
ちょっと大きいタグクラウド